FC2ブログ

建築家 潤 の『独断と偏見』

「橋本知事の発言こそ政治家の鏡」

賛同して下さる方はクリックをお願いします→ クリックをお願いします


 今朝の報道で橋本大阪府知事の発言が映像と共に流れてきた。

「国交省は税金貰って、使うだけ、パッパラパッパラ使って、まるで詐欺集団ですよ!文科省よりもっと馬鹿ですよ!」を聞いて、正しくその通りだと思った。

これを聞いて受けた国交省は「法的に問題はない」と発言したそうだが、これが「法的に問題が無い」のであれば明らかに「法が悪い」と思うのは国民の大多数であろう。
<地方自治体法>の中に定められている法文を楯に採って、やりたい放題の驕った官僚達の姿だ。

また、官僚の言い分は「国の直轄事業では、少なからず地方も恩恵を受けるのだから、費用の負担は当然である」と言っているそうだが、ちょっと待った!だ。

この言い分は絶対におかしい。何故なら、国は国民の生活や福祉、教育の向上、そして環境の整備のために使うという理由で税金のほとんどを持って行っているのではなかったのか?。
であれば、地方が恩恵を受けるから負担しろ!は、誰が考えても納得が出来まい。これではヤクザの上納金システムよりまだ始末が悪いと言われても仕方ないぞ!。

税金を徴収する名目は確かに立派であるが、使用する際には「その一部を負担しろ」では、橋本知事が言うとおりこれは「詐欺」に間違いない。

この法の中には、<国は地方自治体に補助金を出す仕組み><地方自治体が国の直轄事業に対して負担をしなければならない>内容があるそうだが、そもそもこの法文自体が、矛盾していることに頭脳明晰な官僚達は気付いてないのだろうか?。
いや、国民は馬鹿だから、まさか気付ことはないだろうとでも思っているのだろうか?。

この法文があるからこそ、これまで<補助金誘導目的のために地方自治体や建設業者の応援を受け、官僚が政治家に転身を図ってきた>それが今の国会議員の大半であり、族議員を生む温床となっている。

 そしてこの族議員達が言う「民意」や「国民の総意」を耳にするが、実はこれも名目だけで、本意は「官意」と「官僚の総意」なのだろう。

 <誠の政治家の姿>とは<橋本府知事のような姿勢>を言うのだ、悪たれ官僚や政治家達!橋本知事の足爪の垢でも煎じて飲め!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://junblog241224.blog95.fc2.com/tb.php/91-6c3e2172

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

潤の『独断と偏見』

Author:潤の『独断と偏見』

カテゴリー

Template by たけやん