FC2ブログ

建築家 潤 の『独断と偏見』

「双龍物語:第三章」

  「第三章・決められていた嫁」

 「聖師・王仁三郎」に直接お会いして戦地で体験した不思議な出来事を伝え、命を助けて頂いた御礼を述べようと思って亀岡まで出かけたけれども、願いは叶わず失意のまま大畠村に帰ってきた誠であったが、誠の将来を気に掛け、心配をしていた両親や親戚・大本信者の方々の中では就職先と嫁取りの話が持ち上がっていた。
 当の誠にしても戦争で利き腕を落として片腕となっているのだから、新しい働き口を見つけるのは並大抵のことではなかろうとの想いが頭から離れず、またこのような体となっていても来てくれる嫁はいるのだろうか・・・も心配の種であったが、そのような中で先に進んでいった話しは見合いの方であった。

柳井町に住む大本信者で顔見知りの女性の方から「誠さん一度話し方々遊びにいらっしゃいよ」と言われていたので、予め約束の日を取り付けてから出かけて行ったのだが、後から考えてみると、これはどうやらこの女性が仕組んだ見合いの場になっていたようなので、さて好意で仕組んだものやら仲人仕事にしたくて仕組んだものやら、真意は不明であるが、これがきっかけとなって話が先へと進展して行ったのである。
その相手とは柳井町に住んでいて、山口県女子師範学校(現山口大学の前身)を卒業し、小学校の先生をしている背が高く近所でも評判の美人女性で、誠より八歳年下であった。
この女性にも誠と同じく以前から「信者さん同志の集まりがあるので、そのときには家に来てみたらどうかね」と誘っていたのである。
 そして後に「誠」の嫁となるその相手とは、父「江堀 治作」と母「ムメ」の次女としてこの世に生を受けた大正十三年生まれの才女で名を「滋子(しげこ)」と言い、山口県立柳井女子高等学校(現・山口県立柳井高等学校)を主席に近い成績で卒業し、山口県女子師範学校には特待生(授業料・寮費共に免除)として推薦入学の厚遇を受けた本当に学問の優秀な女性であった。
 ここで、父「江堀 治作」と母「ムメ」のことについて触れれば、母「ムメ」の先祖は「後醍醐天皇」に使えた「児島 高徳」(こじま たかのり)『太平記』にその記述があるそうです)の子孫で(山口県)周防大島(すおう おおしま)の「郡代」を勤めていた家系である(家系図があり、現存していると聞いているが「ムメ」の父親「森脇 利助(もりわき りすけ)」の弟の家方が所有していると聞かされている)。
江戸時代には柳井の庄屋を勤めていたということのようだから「ムメ」の出自は歴とした家柄であった。
一方 父「治作」の出自は定かではないが、両親は子供二人(兄がいた)を日本に残したままで何故かハワイに移住してしまった。
子供二人を親戚に預け、一旗上げようとハワイに向かい、成功した暁にはハワイへ呼ぼうとしていたのではないかと思われるが、通常の日本人の感覚からすれば、ちょっと考えられない行動だと思えるけれども、やはり無理な思考の末には良い結果が伴わないもので、思惑通りに事は運ばずハワイの自宅で火災に遭い両親共に焼死してしまったのである。
それをよいことに、二人の子供を預かっていた親戚はその財産を私物化し、子供二人を洋服屋へ
丁稚奉公に出した。
兄の方はこの洋服屋で長い間辛抱を重ね、服作りを教わり、腕を磨き、後には山口県一とまで言われるほどの洋服屋を持つようになっているが、弟の「治作」は丁稚奉公が耐え切れず暫くして洋服屋を逃げ出し、その後大人になるまでの経緯は判らないままである。
辛抱が出来ず、手に職を付けようともしなかった「治作」が何故「ムメ」と結婚できたかについても解からないままであるが、男女の縁とは本当に不可解で不思議なものである。
だからこの「治作」は定職を持たず働くこともしない風来坊のような気質のままで親になっているから長女「瑛子(てるこ・大正七年生まれ)」が働きに出ていた勤め先に出向いて「瑛子」に無断で給与を先取りするようなことまでしていたというのだから、よほど出来の悪い男であったということだろう。
家がこのような状態であるから「治作」の家計は全くの無収入が続く中、主人の行状を見て堪り兼ねていた「ムメ」は国鉄山陽本線柳井駅前で「うどん屋」を経営していた知人が店を止めるので後を引き継がないかとの話しがあったとき、すぐさまその話に乗り、うどん屋を始めて「瑛子」と共に朝早くから夜遅くまで働いて家計を支え、後に中古ではあるが大きな家屋敷まで購入したと言うのだから大した生活の才女であった。
うどん屋を引き継ぐに必要な資金を持たない「ムメ」は父親である「森脇利助(腕の良い表具師)」に頼み込んで出資してもらったのではないかと想像している。

更に「ムメ」の子供の頃について少し触れれば、「ムメ」は母親を早くに亡くしたこともあってか、父「利助」に尋常学校に通っていた途中で退学させられ、家業を手伝いながら家事一切をやらされていたことが、うどん屋を切り盛りする下地となったのではないかと考えられるので、人生途中の苦労は決して無駄にはならぬと言うことになろうか。
また「ムメ」には一回りも年が違う妹がいて名を「隆子(たかこ)」と言い、父「利助」の「隆子」への扱いは「ムメ」とは違って学校に通わせ、稽古事では琵琶を習わせて、先では名取にまでなったと言うのだから、まるでお嬢様のような扱いで「ムメ」にとってみれば差別されていたような感じを受けていたのではないかと思われるが「ムメ」の献身的な助力があってのことでもあろう、家業である表具屋の仕事が次第に大きく評価されてゆき、金銭的な余裕が生じてきたことに拠るのではないかと思われるが「利助」にとっては嫁が次女「隆子」を産んで数ヵ月後に亡くなったことから、次女を不憫に思い溺愛したのではなかろうかとも考えられる。

このような恵まれない家庭環境に生まれ育った「滋子」ではあったが、幼き頃より学業がとても優秀なので「治作」にとっては自慢の娘となるのだけれども、収入の無かった「治作」は「滋子」の学費が捻出できないので「ムメ」の父親である「利助」のもとへ孫である「滋子」を使って「お爺ちゃん、学校へ払うお金が無いから出して下さい」と学費の無心をさせてまで柳井女子高等学校(通称・柳女 [ りゅうじょ ] と言う)へ通わせたという事のようである。
一方「滋子」の祖父である「利助」も優秀な「滋子」をとても可愛がり、滋子の学費に使うのなら・・・と無心などしなくとも自ら進んで学費くらいは出してやりたいと思っていた節があったように聞いている。
このように嫌な思いをしながらも柳女を卒業・特待生の待遇を受けた師範学校を卒業して教師となった「滋子」は、このような家庭環境下で育ってきたこともあり、いくら諌めても父「治作」の行状が改まらず、揉め事が絶えない家庭環境に悩み続けて心が晴れないままに生活を送っていたところに偶然「大本」の宣伝使と出会う機会があり、その宣伝使より「大本」の教えである、人としての生きる道標を聞かされた時に「あっこれだ!これこそ私が求めていた、人が生きる基本姿勢であり方向である」と感じ、心に掛かっていた雲が払われたように思えたその刹那「滋子」も「大本」に入信し信者となっていたのである。
また「滋子」の気性を窺い知る逸話としては、広島に原爆が落とされ、街が一瞬の内に無くなった話を聞いた「滋子」は広島の原爆が落ちた跡がどのようになっているのかを見てみたい衝動に駆られ、母「ムメ」の反対を押し切り、握り飯をこさえて風呂敷に包み、背中越しに掛けて線路伝いに歩いて一人広島まで出かけているのである。
距離にして片道約80㎞あるから恐らく二日半は掛かったと思われるので、往復五日の旅となったのではないかと想像する。
持参した握り飯はよく持って一日半だろうから、残りは飲まず食わずであったに違いない。
恐れを知らぬこの気の強さは並みの気性ではないので、後に「誠」の苦労が始まるであろう予測が見えるようである(と言うことは「滋子」も被爆していると言うことかも知れない)。
 
 この縁談を仕組んだ「大本」信者の女性は裁縫教室を主宰している年の頃四十代半の人物で、近所では名うてのやり手女だといわれながらも、お節介な世話好きであったようである。
「誠」と「滋子」はまんまと上手くこの女性の手練手管に籠絡されて見合いをすることになったのだが「誠」「滋子」の双方には見合いであることを一切伏せておいて会わせているのである。
考えてみれば仕組んだ方からすると、これは至極当たり前の話であって「滋子」は背が高く美人で学歴もあり小学校の教員をして収入も安定しているのだから、その気になれば引く手数多の縁談話があっても何ら不思議ではない女性である。
方や「誠」の方といえば、当時いかに尋常小学校卒で社会に出ていた者が多かった時代であるとは言え、学歴は中学校卒(現・高等学校)で、戦地から身一つで帰還したばかりの職も持たない片腕となっている身体障害者である。
身長は二度も徴兵検査で不合格となっている小男の上、家は借家で水飲み百姓ときていては、見合いだと言おうものなら当然「滋子」と家族は一も二もなく断ったと思われるが「滋子」はこの世話人の上手い口車に乗せられ、大本信者同士の集まりの会を時々開いているので一度出席してみたらどうかねと言うようなかたちで「誠」と引き合わしている。
「滋子」には前もって会に出席する「誠」のことについて「熱心な大本の信者さんであり、とても立派な方で、そしてそれは素敵な人である」と心に刷り込んでいたようであるが、実際に会ってみれば、そう話が上手く行くはずも無かろうと思えるのに、これが豈図らんや「誠」と会った「滋子」はまだ大本信者になったばかりで、この宗教こそ私の生きる道であると、ある意味盲のようになっていたからであろうか「大本」について知識を蓄えている「誠」の言葉にすっかりと魅入られてしまい、小男であろうが職がなかろうが片腕であろうがすっかり気に入ってしまったのである。
余計な話になるが「誠」は小男ではあったが随分と美形の二枚目であったから「滋子」はそこにも少しは気を引かれたのかもしれません。

 そして、二人は昭和二十三年九月十日には「滋子」の実家である柳井町の住所にて婚姻届を提出しているのだから、仕組まれた見合いから僅か半年後のことで、よほどお互いが惹かれあったということなのだろう。
結婚式には両家族や親族に加えて「大本」の信者の方々も多く集まって盛大に行われたようであるが、その裏で父「治作」にとっては自慢の娘の「滋子」であるから、自分のことは棚に挙げて、職も無い片腕の男になどにやりたくはないと大反対をし、家族全員も相当に反対をしていたようだが、当の「滋子」が嫁に行くというのだから如何ともし難く皆が渋々折れたようである。
また当時の結婚式の写真を見ると神道である「大本」の信者同士の結婚では当然神前結婚となるから、神棚を背にして「誠は」羽織袴姿で扇子を持って立ち「滋子」は花嫁衣裳の着物を着て椅子に座った姿で写っているところを見ると、写真屋の配慮もあってのことであろう、見栄えが悪い「蚤の夫婦」の写真として残したくなかったということであろうか。
その後、昭和二十四年一月十三日には長女「明子(あきこ)」を出産しているのだから、十月十日を逆算すると、婚前交渉でできた子であったと思われる。 
当時の社会風潮が如何なるものであったかについては知る由もないが、教員をしている才女がねぇ~である。
ただ残念なことに「明子」は生まれて僅か三日で死んでいるので、何とも悲しい初産であった。

 結婚後暫くは柳井町の「滋子」の実家に居候を決め込んでいた職のない「誠」であったが「大本」の信者さんの計らいで、程なくして願ってもない就職先が見つかったことは、この上もない幸運であった。
柳井商業学校を卒業していることもあってのことか、いや大東亜戦争で多くの若い男子が戦死し、働き盛りの若者が不足していたからであろうか、日本通運 株式会社の柳井支店に採用されたのである。
頭脳明晰であるとは言い難い「誠」だが、お人好しの人柄と仕事に取り組む真面目さが買われたのであろう、採用された数ヵ月後には周防大島久賀営業所の所長に抜擢されている。
この転勤に伴って「誠」と「滋子」は住まいを周防大島久賀町の港近くにある借家を借りて新しい生活を始めることになったのである。
 このような一連の流れを鑑みるとこの結婚は「誠」にとって願ったり叶ったりで申し分なかろうが「滋子」の側からすれば「学なし・金なし・家なし・背なし・片腕なし」の何一つ良き条件などない「誠」であるから、誰から見ても不釣合いと思われる者同士の結婚が成立したのだから「誠」が若い時分に大阪の街頭易者から言われた「あんたの嫁は決まっている」の言葉通りとなったと言うことになろうか。
またその縁を取り持ったものが「大本」に関連していることは揺るぎも無い事実であるけれども、随分と後になって当の「滋子」が娘「次女・栄子(えいこ)」によく語っていたことで「私は騙された」と後悔話をしていたようであるが、では「滋子」は一体誰に騙されたと言うのだろうか。
「誠」か、それとも見合いを企んだ「大本の女性信者」なのか、いやこれからずっと先まで一連のことを仕組んでいる「聖師・王仁三郎」なのかと言うことになろうが、この結婚は「滋子」が「誠」と会い、自分の目で「誠」を見て如何なる人物であるかを確かめた後に結婚しているのだから他に責を着せるより「滋子」自身の人を見る選別眼と「迷い」が起こした結果であろう。
学歴もなく財産も無く無職で、その上片腕が無い小柄な男であることは判り切っていたのだから、どこの部分を指して「騙された」と言えるのか・・・如何に戦後の復興期とは言え、一般的な常識から考えてみて、このような男のところへ嫁に行く物好きはまず居ないだろうと思われるので、所詮人は定めには逆らえないことの証である。

 余談になるが、この言葉「私は騙された」について検証してみると「誠」のことを富豪の息子であるとか、帝国大学卒で、多額の収入があるなどと偽って紹介しているわけではないし、仮に片腕であることを隠していたとしても会えば一目で判る事だから隠しようもなく、学歴も家の貧しさも同じ様に隠しようのない事柄だから、大本信者を通じてこの事実を「滋子」は知らなかったはずはない。
そもそも「騙された」と言うことについて掘り下げれば内容に「嘘」があれば当然相手が騙したことになるけれども、視点を変えてみると「期待していたことが叶わなかった」結果も恐らく「騙された」という感覚になるのではないかと思う。
しかし、自分の勝手な思い込みで何かを期待したのか、それとも相手が何か期待させるような発言をしたのかが問題になるところではあるが、後者の場合は人生を歩んでゆく中でそれを見抜く目を養っておかなければ、いつかは必ず「期待が叶わない結果」を受けることになる。

「滋子」の場合について考えて見ると、何一つ良い所があるとは思えない相手であることを承知の上で結婚しているのに、何故後になって「滋子」は「騙された」と感じたのであろうかということになるが、それは恐らく人物評価についての「迷い」が生じたのではないかと想像できる。
富豪の息子であるとか学歴・収入などは「形態」として表に表れることなので、子供でも直ぐに判るものであるが「人柄・能力」などについては「質」であるから、質を見抜く能力を持ち合わせていなければ、自らが進んで錯覚を起こしてしまって騙された気持ちになるものではないだろうか。
その「錯覚」を起こさせる要素と言えば間違いなく「欲と迷い」である。
この「欲と迷い」には多くの種類があり、得をしたいと言う「金銭な事柄」や、手放したくないと言う「所有に関する事柄」・幸せになれるはずだと想う「漠然とした抽象的な事柄」・起こしてしまった不都合な事柄を「なかったことにしたい」と言う自分勝手な都合に加えて「生存に係る」事柄等があるものだが、これらは全て「欲や迷い」から生じた「心の隙間」に自らが飛び込んで行く自殺行為であることに気付く人は少ない。
結婚詐欺・振込め詐欺・オレオレ詐欺に加えてネズミ講・投資話などで被害を受けたと言う人は、全て己の欲から生じた結果であることを自覚しなければ、同じことを何度も繰り返す羽目になる。
騙す奴が悪いのは当然であるが、欲に絡まれて迷った挙句、騙されに行く側に「心の隙」があろうと言うことである。

と言う事になると「滋子」はどの辺りで騙されたと錯覚したのであろうかと考えれば、恐らく「漠然とした抽象的な事柄」か「所有に関する事柄」ではないかと思われるが、二十代で大本に入信し齢九十二歳の人生を送った「滋子」が「聖師・王仁三郎」に心酔し、生涯を通じて「大本」の教えを守って生活をしてきたと言っていたにも拘らず「私は騙された」と言うようでは「全く持って修行が足らぬ!」。
学問については優秀であったようではあるが、人の生き方としては未成熟のままこの世を去った「滋子」である。




ブログランキングに参加しています。賛同して下さる方はクリックをお願いします→ クリックをお願いします


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://junblog241224.blog95.fc2.com/tb.php/330-5abed00d

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

潤の『独断と偏見』

Author:潤の『独断と偏見』

カテゴリー

Template by たけやん