FC2ブログ

建築家 潤 の『独断と偏見』

「酔龍の独り言:その001:序段の1」

 令和最初のブログ更新になりました。
更新期日が迫ってくるので、早く更新を・・・と思っていたのに、このところの朝夕の寒暖差に注意をしてはいたのですが、風邪を引いてしまい発熱→寝込みました。
仕事も依頼が重なってしまって忙しくしていたところなので、気が急くばかりで、更新がギリギリとなりました。

 世間を騒がせる元凶はいつまで経っても、やはり政治屋と官僚達では心が荒んできます。
昨日の新聞に報道されて知ったのだが「公証人役場の公証人の斡旋を、事務次官になれなかった人物を主体に行っていた」とあった。
公証人の年俸は二千万円を上回る高給(官僚の報酬と同等以上)だそうである。
担当省は、公証人については広く一般から公募をしていると嘯いているようだが、実態は新聞記事の通りで間違いなかろう。
しかし、どうして官僚達は自分の身の保全と退職後の安泰を謀ろうと考えるのだろう。
自らが手を挙げて国のため・国民のためと気負って就いた仕事ではなかったのか・・・巧妙に数え切れないほどの天下り先を作り、税金で我が身を養うことばかりを考える輩達の資質を疑いたくなる話ばかりである。

 政治屋の発言で北方4島返還については喧々諤々の様を呈しているが、大東亜戦争の終戦のドサクサに紛れてロシアが占領したいわくつきの島々であり、話し合いで返還できるものなら、とっくに返還されているはずだが、返す気など毛頭ないという事であろう。
ならば戦争でも・・・の気持ちが湧いてきた当たり前なのだが、今の日本では「戦争」と「タバコ」は口にしただけで「犯罪者」扱いですからねぇ。
何処か狂っているとしか思えません。
略奪者に言って聞かせれば改心するなどが通用する甘い世界構造でもあるまい。
ロシアや北朝鮮・アメリカにそう言えば改心するか?する訳が無いことは明らかである。
さて、このような社会情勢で日本が取るべき道は・・・と想うのだが、政治屋と官僚がこの有様ですからねぇ。

さて、急拵えの更新になりましたが、アメリカと中国の核戦争の危機が迫ってきています。最初に核を打つのはアメリカですが、次回からこの辺りのことを小説まがいにしてブログに乗せてみたいと思っていますので、宜しくお願いいたします。 




ブログランキングに参加しています。賛同して下さる方はクリックをお願いします→ クリックをお願いします




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://junblog241224.blog95.fc2.com/tb.php/291-09b1edba

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

潤の『独断と偏見』

Author:潤の『独断と偏見』

カテゴリー

Template by たけやん