FC2ブログ

建築家 潤 の『独断と偏見』

「復活 くたばれ建築基準法:追録の12」

 4月14日に起きた地震は10日余りで震度1以上の地震回数が900回を越え1千回に迫ろうとしていて、一向に治まる兆しを見せないまま九州を揺らし続けている。
このような中において、被災者の方々は十分な支援も受けられず、苦痛の日々がまだまだ続く様子なので本当に気の毒でならない。
 ここでちょっと思い出して頂きたい事があります。
本ブログの 雑感その176「窮屈になった日本~その66」今年の1月12日に更新した時のもので血液製剤の不正を起した化血研究所の事を書きましたが、その時の内容を一部抜粋します「・・・熊本県を今までに起きた事がないような大地震が襲わない保障は無いし、・・・」この施設でなければ製造することができない命に係る薬が八種類もあるそうだが、この研究所に被害は無かったのであろうか?命に係る薬の製造は震災後も続けられているのだろうか。
また報道者達は何故この件を報道しないのだろう・・・僅か数ヶ月前にあれほど社会を騒がせた事柄である。
もし薬品の製造が中断しているようであれば政治家と官僚の不明に対して、先見の明の無さと危機管理能力の低さを徹底的に責任追及しなければならないことだと思うが・・・。
私のような一介の貧乏で無能な上、何ら権限のない建築士が思いつく事柄(日本で一箇所しか製造できない命に係る薬製造の代替が出来ない恐ろしさ)なのだから、高学歴を誇り、高給を貪っている彼等が出来ないのは可笑しいだろう。

 また道路や橋に加え鉄道までもが壊れて交通網がズタズタにされた震災直後に於いて、被災者の緊急支援に役立ったのは、やはり空飛ぶ乗り物で滑走路が不要なヘリコプターであったが、今回在日米軍は岩国基地からオスプレイを出動させて支援の一環を担ったとか・・・以前にあれほど日本中を騒がした上、毛嫌いした乗り物なのに、それに関して詫びや感謝の報道を聞いていない。
人が造る物に完璧なものは無いのが当たり前である。
人間だって完璧でないし、人間を創ったとされている神までもが完璧ではない。
何故なら若し神が全知全能であるならば、このような不完全な「人」を創るわけがない。
この森羅万象の一部であるこの世の中は程度差こそあれ、全て良き部分(長所)と悪しき部分(短所)の両方を持った人間を含む動物や物質で構成されているものだから、少し位短所を持っているからといって毛嫌いするものではない。
若し、今回の震災でオスプレイが運んできた救援物資を受け取った人の中に、オスプレイ配備反対の旗を振っていた人がいたら・・・もうこれはイソップ物語だね。

 政府は特別補正予算を組んで復興支援に向けた準備をしているとか・・・。
これほど地震や津波に拠る災害が頻発する日本において特別補正予算を今から組むんだと!平時から予算くらい組んでおくべきじゃないですかねぇ~。
国家予算は家庭で言えば家計簿の予算組みと一緒である。
壊れた道路や橋などを復旧するだけでも莫大な財源が必要になるというに、有事に間に合わないような国の仕組みは、いち早く法を改正するべきではないでしょうか。
尤も官僚の天下り先である特殊法人などを一掃すれば、特別な予算組など必要なかろうと思うし、消費税の値上げも必要ないのでは・・・。
しかし、本半壊した建物は六千棟にも及ぶと言うから、建設会社と建材会社はまた特需が生まれることになろうが、基本的に家を建替えても地震に強い建物を建築基準法以上の感性で設計できる者が行わなければ同じ事の繰り返しが起こるであろうし、なにより人が驕った心を捨てて、自然の中に生かされていると言う自覚を持つ事であろう。
そうなれば、不平や不満を口にすることなく感謝の気持ちが生じてきて、高層や超高層の建築物を造らなくすむようになる。
人の小賢しい英知など自然に力に対しては何ら役に立つものではない。


ブログランキングに参加しています。賛同して下さる方はクリックをお願いします→ クリックをお願いします


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://junblog241224.blog95.fc2.com/tb.php/254-1a28b11b

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

潤の『独断と偏見』

Author:潤の『独断と偏見』

カテゴリー

Template by たけやん